2021年、冬の結婚式祭りが始まった!

そのトップバッターを飾ったのは
新卒16期生として
ヴェールノアールにパティシエとして入社した
新婦のリコと、
その“最愛“の人、よしひろ君!!
0105
『リコ、本当にいい表情してるね〜〜』

入社したばかりのリコはとても物静かで
あまり目も合わせてくれないような子だったけれど、
気づけばいつの間にか
ヴェールノアールの厨房を裏で操る
影のドンになっていた!!(笑)
0126
ま、表現の仕方は諸説あるが、
プランナーやお客さんとも楽しそうに話すし
ケーキ打ち合わせもとっても情熱的にこなす
敏腕パティシエに成長したことは間違いない!!

0136
ずっと大好きだったよしひろ君との間に
最高に可愛い“さくのしん君“も授かった!!
0158
「きゃわいいのぉ〜〜〜〜!』
僕は勝手に、“さくたろう“と読んでいる。


そしてこの舞台を担当Pとして任されたのが
“きんたろう“こと、遠山プランナーだ!

もともとヴェルミヨンバーグでPJとして働き
その後、違う会社の式場で修行したのち
ヴェールノアールに戻ってきた、きんたろう。

言うまでもなく、とてつもないプレッシャーだったと思う。

「きんたろう、ここまで来たらやりきるのみだよ!」
心の中でそう応援しながら、見守っていた。
0077

ヴェルノアチームも、当然気合が入る!!
0087

挙式は人前式。
2人の晴れ姿と、凛としたヴェルノアのチャペルは
最高の愛称だ。
0203
「進め!さくのしん!!」

この歳でベンツのゲレンデに乗れるなんて
羨ましい限り!
0207
立会人に選ばれたのは同期のあや!
リコの一番の理解者として、ともに支え合い成長してきた。

そして2人とも結婚し母になったこれからも
きっとその絆は更に強くなっていくに違いない。

このシーンは僕もジーンと来たなぁ。
0223

全員で祝福した後は・・・
0226

バトミントン部の部長らしく
シャトルトス!!

負けず嫌いなリコらしく、
ラケットを持っているときは新婦であることを忘れるほど
ガチ!なラケットさばきだ!
0247

いろんな意味で“際どい“フリの後に始まったのは・・・・
0266

2人の出会いの場所でもある
“昭和食堂“風ビュッフェ!!
0269

おしゃれなガーデンに
一気に大衆居酒屋感が広がる。笑
0239

昭和食堂といえば、カラッと揚げた串カツでしょ!!

という事で何本か頂いたが
33歳の胃には油はきつい・・・。
0243

「とん平焼きも食べてください!!」

ハヤトがしつこく言うので
胃の限界突破を無視し、美味しくいただく!
0299

歴代ヴェルノアチームも大集合!!
(一部違う人もいるけど・・・笑)
0289
何が嬉しいって、
懐かしのPJメンバーとも再会できた事!!

嬉しすぎてリリックスポーズが逆になってしまった。
0307

披露宴のスタートは
ヴェルノアシスターズが踊り狂う。

「そんな特技があったのね・・・」
0326

ダンサーチームとバッチリ合わせて新郎新婦も登場!!

BGMもタイミングバッチリだなーと音響台を見れば
そこには安定の杉本プランナーが。

「最強の布陣だね!!」
0341

乾杯準備は卒業PJがユルすぎるダンスで魅せた。

「こ、子安・・・。」
0362

乾杯には岐阜羽島の地まではるばる
長渕剛さんが駆けつけ、
0369
ベストショットを決める!!
0384

平井賢の真似をした、井上陽水さんも登場し
0389
平井大を知らないであろう
農家のおじさんまで、階段から派手に登場した。
0395
「身内は大爆笑でしたよ!!」
0402

エースフローリストが手がけた
おしゃれなメインテーブルで写真を撮り
0407
パティシエリコの見せ場でもある
ケーキカットandリメイク入場に突入!

0434
「みんなの前で自ら仕上げるケーキは、格別だね!!」

ケーキ台を押したい気持ちを抑えながら
しっかりと見守った!!

0439
まだまだ終わりませんよぉ〜〜〜!!
0463
締めのビュッフェには
昭和食堂のもう一つの名物、
“ハッスルチャーハン“が登場!!!

0464
「ぬぁ〜〜〜ガッツリニンニクが効いてるゾォ〜〜!!」

披露宴ももうお開きというタイミングで
ガッツリスタミナをつけさせられた・・・。笑

0510
3人での門出。

0521
「こんなたくさんの人たちに囲まれているから
さくたろうの未来は幸せに溢れていること、間違いなしだね!!」

さくのしんには、もう少し大きくなったら
ぜひ、この日の映像を見てほしい!!

0546
きんたろうも、本当によく頑張った!!
「良い表情するねぇ!」
また一歩、プランナーとして強くなった。
支えてくれた先輩、後輩に感謝だね!

0582
2人を支えたパートナーチーム!!!

「lyricsチームのみんなも本当にご苦労様!!
壮大なオープニングも、泣ける生い立ちも、ラストのエンドも
最高でした!!」
(あ、僕が映ってなかったけど・・・笑)


2人とゲストとスタッフ全員の思いが
ぎゅっとひとつになった、
とっても暖かい1日でした!! 


「リコ〜またバトミントンしようねぇ!!」